ニュースミニ

すばる望遠鏡(2013年6月27日配信)

番組一覧へ戻る

再生時間:3分

制作年度:2013年

概要

すばる望遠鏡は、標高 4,200 メートルのハワイ島マウナケア山頂にある大型光学赤外線望遠鏡です。望遠鏡には電波、可視光、エックス線などさまざまな種類に分けられますが、すばる望遠鏡が担うのは、可視光と一部の赤外線の観測です。可視光では、主に太陽のような恒星や、その集団である銀河が見えます。一方、赤外線では、温度の低い天体や宇宙空間の塵に隠されて可視光では見えにくい天体の観測に適しています。国立天文台の青木さんによると、太陽系のような惑星を持つ星が最近続々と見つかり、木星のような大型の惑星の姿を赤外線でキャッチしているのだそうです。また、すばる望遠鏡の大きな目的は、宇宙全体の膨張の仕方を過去に遡って丁寧に調べていくことだといいます。

出演者名・所属機関名および協力機関名

青木和光(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台 TMT推進室 准教授)