女性科学者のパイオニアたち

(3)‘紅花にかけた生涯’和田水

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:2004年

概要

日本における女性科学研究者の道を切り開いてきた人たちの生涯を映像化するシリーズです。和田水は、理研の有機化学者黒田チカの助手をつとめ、多様な天然色素の構造決定を手伝ったのち、東京帝大の服部静夫(植物生理化学)について植物色素の生合成機構を研究しました。その結果、紅花の色素カーサミンの分離抽出法を発見し、工業化の特許を得ます。和田は、研究成果がペーパーにとどまることに満足しませんでした。

出演者名・所属機関名および協力機関名

本間隆夫(東海大学教授(工学部生命化学科)),海谷菊栄(高瀬地区紅花生産組合長),和田孝介(和田水の最初の学生),田坂成生(社会福祉法人天竜厚生会),東海大学教授(工学部生命化学科)