全国こども科学映像祭受賞作品

(101)H28年度第15回佳作中学生部門『検証 セウォル号の転覆-安全な船旅を願って-』

番組一覧へ戻る

再生時間:9分

制作年度:2016年

概要

【ねらい】
 たくさんの尊い命が奪われた、セウォル号転覆事故の原因を、身近にあるものを使って検証しました。
 実験道具を工夫しましたが、特に、荷台を加工した鉄道のおもちゃの実験はおもしろい映像になりました。また、パワーポイントのアニメーションで説明する場面は、制作に一番時間がかかったところなので気に入っています。著作権の関係で、実際の事故の映像や写真が使えなかったので、自宅から1時間以上離れた港に行って撮影した映像を使いました。船旅は楽しく、思い出深いものなので、安全な運航を願って作成しました。

【内容】
 セウォル号の事故原因である「(1)高速での急旋回」、「(2)客室の増設や過積載」、「(3)不十分な貨物の固定」について、それぞれ「(1)ラジコンカー」、「(2)手作りの起きあがりこぼし」、「(3)荷台を加工した鉄道のおもちゃ」などを使って実験し確かめました。

【入賞コメント】
 多くの尊い命が奪われた、セウォル号転覆事故。その原因として報道されていた、(1)高速での急旋回、(2)客室の増設や過積載、(3)不十分な貨物の固定、についてラジコンカー、手作りの起き上がりこぼし、荷台を加工した鉄道のおもちゃなど、身近にあるものを使って検証しました。
 一番苦労したのは、事故当時に船体の重心が上げられていたことを説明する場面です。パワーポイントのアニメーションを使い、分かりやすく表現できるように何度も作り直しました。最も時間がかかった部分なので、気に入っています。
 ラジコンカーを初めて操縦したり、蒲郡港まで出かけて船の撮影をしたりと、楽しい思い出が詰まった作品が入賞して、うれしいです。

出演者名・所属機関名および協力機関名

制作者:中根有彩
学校名:岡崎市立新香山中学校3年(愛知県)