全国こども科学映像祭受賞作品

(91) H27年度第14回審査委員会特別賞『海の掃除機 アサリの力 パート6』

番組一覧へ戻る

再生時間:10分

制作年度:2015年

概要

三河湾特産のアサリを使った海水浄化システムを作るため、小学校3年生から6年間に渡って研究を続けてきた。その研究の成果と今後の課題を全国の人たちに知ってもらうために、この作品を制作した。

【内容】
1.これまでの成果
 ・アサリには高い海水ろ過能力があること
 ・アサリの活性が高まる塩分濃度、水温、明るさ
2.直面している課題
 ・アサリが海水をろ過する過程には、水質の変化(pHの低下)が伴う
3.課題を解決するために
 ・サンゴ砂によってpHの低下を防止できるか
4.実験から見えたこと
 ・実験そのものはうまく行かなかったが、砂の有無でアサリの活性が違うようにみえた。
 ・追加実験により、砂がある方がアサリの活性が高まることが分かった。

【入賞コメント】
この度は素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。ぼくは小学校3年生から、このアサリの研究に取り組んできました。小学生の頃はうまく行っていたように思えた研究ですが、このところは予想と結果が食い違うことが多く、「どうして?」と悩むことも多いです。しかし、そんな状況の中から思わぬ発見をすることもあります。パートⅥとなる今回の作品の編集では、その辺りの様子も取り入れました。ぼくが最終的に目指すのは、「アサリを使った海水の浄化システム」ですが、ぼくが求めるものは、ただ単に海水をろ過するだけの仕組みではなく、水質そのものを向上させられるための、アサリを中心とした仕組みです。今後も研究に励んでいきます。

出演者名・所属機関名および協力機関名

制作者:中学2年 内田悠雅
学校名:岡崎市立北中学校(愛知県)