サイエンスニュース2016

海洋プラスチック汚染 心配な生物への影響(2016年10月5日配信)

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2016年

概要

今、プラスチックによる海洋汚染が、環境への深刻な問題となっています。私たちが日常で使っているペットボトルやレジ袋など、ゴミとなったプラスチックが海に運ばれて滞留し、波や紫外線の力によって長い時間をかけて細かく粉砕され、海洋環境中に広く循環しているのです。そしていま、そのことによる生物への思わぬ影響が心配されています。

出演者名・所属機関名および協力機関名

綿貫豊(北海道大学水産科学院 教授)
高田秀重(東京農工大学 農学部 環境資源科学科 教授)