サイエンスニュース2015

アンモニア合成 一世紀ぶりの新発明(2015年9月18日配信)

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2015年

概要

アンモニアの合成法は、窒素肥料を作ることで世界の農業生産を支える、人類に不可欠な技術です。一方で、その製法は世界のエネルギー需要の数パーセントも消費しているとも言われ、その省エネルギー化が課題になっていました。
しかし最近、その課題の解決につながる低エネルギーでの画期的なアンモニア合成法が、日本人の手によって発見されました。

出演者名・所属機関名および協力機関名

細野 秀雄(東京工業大学 元素戦略研究センター 教授)

姉妹サイト「サイエンスポータル」の関連記事

サイエンスポータル
①2015年9月18日 インタビュー・細野秀雄氏・東京工業大学 元素戦略研究センター 教授「アンモニア合成法 一世紀越しの発明を生んだ背景
②2014年4月14日 テクノフロント・横山壽治氏・科学技術振興機構、三菱化学 石化企画本部 石化研究開発室、元・東京工業大学フロンティア研究機構 特任教授 第24回「『新材料・エレクトライドの物質科学と応用展開』について

【予告編】科学の遺産と未来
(7)自然との共生