ニュースミニ

京都伝統技術を科学する 第四回 伝統構法による建築(2013年5月2日配信)

番組一覧へ戻る

再生時間:3分

制作年度:2013年

概要

釘やボルトを使わず、木材を組むことで家を作り上げていく、「軸組」という伝統構法の最大の特徴は「弱さ」を逆手にとった耐震性です。木には、捻じれや引っ張る力には強いが、突然の衝撃には弱い、という特性があります。「軸組」による家は、家全体が地震による衝撃で歪むことで、逆にそのエネルギーを逃がすのです。「軸組」による家づくりを行っている伊東さんが、特にこだわっているのが、「石場建て」と呼ばれる構法です。基礎を築かず、家を石の上に置くことで、地震時に家全体が石の上で微妙にずれ、地震のエネルギーを分散します。地震国日本で生まれた、先人の知恵です。京都伝統技術を科学する 第一回 伝統みらい教育センター 第二回 左官技術の継承 第三回 京瓦職人の挑戦 第四回 伝統構法による建築

出演者名・所属機関名および協力機関名

伊東裕一(有限会社 梓工務店)