サイエンスニュース2013

アフリカの感染症と闘う 100円検査キット開発(2014年2月6日配信)

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2013年

概要

アフリカなどの開発途上国ではエイズ、結核、マラリアなどの感染症が依然として大きな脅威であり、毎年多くの人が命を落としています。平均年収が10万円に満たない国が多い事から、先進国で普及している医療技術をそのまま導入する事は困難です。そこで、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授の鈴木さんらは、結核などを迅速かつ確実に診断でき、しかも廉価に供給できる検査キットを開発しました。

出演者名・所属機関名および協力機関名

鈴木 定彦(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 教授),梶野 喜一(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 准教授)