サイエンスニュース2012(新着情報)

ヒッグス粒子発見後の宇宙物理学研究(2013年4月10日配信)

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2012年

概要

標準理論の予測した未発見の最後の素粒子・ヒッグス粒子。万物の質量を生み出すというこの素粒子の発見は、宇宙の始まりや物質の根源に迫る宇宙物理学研究にどのような影響をもたらすのでしょうか?今後の研究の展開について取材しました。

出演者名・所属機関名および協力機関名

羽澄昌史(高エネルギー加速器研究機構CMBグループ教授),照沼信浩(高エネルギー加速器研究機構加速器研究施設准教授),早野仁司(高エネルギー加速器研究機構加速器研究施設教授)