サイエンスニュース2012(新着情報)

核融合研究は今 実用化への現状と課題(2012年5月16日配信)

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2012年

概要

海水から無尽蔵に燃料が取り出せ、核分裂を上回る大きなエネルギーが生まれ、反応後には安定なヘリウムしか残さない「核融合」は次世代のエネルギーとして長年研究されてきましたが、最近その実現を予感させる研究成果が出始め、国際熱核融合炉ITERの建設も進んでいます。「核分裂」の次を担うエネルギー源についての論議が加速していく中で、「核融合」研究は今どこまで進んでいるのでしょうか?自然科学研究機構核融合科学研究所と光産業創成大学院大学を取材しました。

出演者名・所属機関名および協力機関名

北川米喜(光産業創成大学院大学教授),竹入康彦(核融合科学研究所教授実験統括主幹)