サイエンスニュース2011(特集)

(7)防災減災の科学 大都会の脅威 長周期地震動

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2011年

概要

東日本大震災の直後、関東平野では10分以上も続く、ゆっくりした揺れが観測されました。これは「長周期地震動」と呼ばれる現象です。長周期地震動は、都会が広がる平野部で現れやすく、特に高層建築物への影響が大きい地震波のため、その社会的な影響が懸念されています。長周期地震動のメカニズムとその対策についてレポートします。

出演者名・所属機関名および協力機関名

毛利衛(日本科学未来館長),川口健一(東京大学生産工学研究所教授),日本科学未来館長,福和伸夫(ふくわのぶお)(名古屋大学大学院 減災連携研究センター/環境学研究科都市環境学専攻建築学系),長江拓也(ながえたくや)(独立行政法人防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センター),村上恵子(むらかみけいこ ナレーター)