サイエンスニュース2010「最先端の科学技術情報」

(34)特定の細胞の生死を制御できる「RNAスイッチ」を開発

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2010年

概要

京都大学の研究チームが、特定のたんぱく質を持つ細胞だけを選択して、その生死を制御できる「RNAスイッチ」を開発しました。巧妙なしかけを持つRNAを人工合成し、実際の細胞の中で、アポトーシスに関わるタンパク質の生成を制御しました。

出演者名・所属機関名および協力機関名

野仲文絵(ナレーター),齊藤博英(京都大学次世代研究者育成センター 准教授)