サイエンスフロンティア21

(55)地球にやさしい化学をめざして

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2008年

概要

日常生活に欠かせない有機物の多くは人工的に合成されています。一般にこの合成では有害な物質が使われたり多くの廃棄物が生じたりしてしまうため、地球環境に優しい合成法の開発が求められています。ERATO小林高機能性反応場プロジェクトでは数々の新しい触媒を開発しました。その研究結果を実験映像やCGをふんだんに使って紹介します。

出演者名・所属機関名および協力機関名

小林修 ERATO 小林高機能性反応場プロジェクト研究総括(東京大学 大学院理学系研究科),東京大学 大学院理学系研究科