サイエンスフロンティア21

(46)環境ストレスを克服する分子メカニズム ERATO山本環境応答プロジェクト

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2007年

概要

私達にとって、「食物や酸素」を環境から取り込むことが、身体に対するストレスとなっています。山本環境応答プロジェクトは、こうしたストレスを感知し解毒していくシステム=環境応答のメカニズムを分子レベルで解明してきました。この番組では、こうした分子レベルの反応をCGばかりでなく、生細胞中の遺伝子に蛍光遺伝子を直接組み込んだ実験系を使ってミクロ撮影で視覚化しています。そして、環境応答の巧妙な仕組みや、その研究が拓く未来への展開を描いていきます。

出演者名・所属機関名および協力機関名

山本 雅之(筑波大学 先端学際領域研究センター),鈴木 教朗(筑波大学 先端学際領域研究センター 独立行政法人 科学技術振興機構 ERATO山本環境応答プロジェクト),小林 麻己人(筑波大学 人間綜合科学研究科 基礎医学系),本橋 ほづみ(東北大学大学院 医学系研究科 医化学分野),山本環境応答プロジェクトチーム(独立行政法人 科学技術振興機構 ERATO山本環境応答プロジェクト),藤村紀子(解説)(フリー解説者),筑波大学 先端学際領域研究センター