偉人たちの夢

(18)ノーベル

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:1999年

概要

歴史に名を残す科学者たち。彼らはどんなきっかけで研究の道に入り、どんな過程を経て偉大な発見や発明にたどりついたのか。彼らが生きた当時の科学界、社会状況などとともに、偉人の生涯を歴史の語り部が語っていきます。ミニコーナーとして、現代の研究者を取り上げ、最新の研究や現代の科学者の夢なども紹介します。今回紹介するのは、ダイナマイトの発明者、アルフレッド・ノーベルです。●1833年スウェーデンのストックホルムに生まれる●父が破産し、一家はロシアへ渡る。10歳の時家庭教師のジーニン教授と出会う。●26歳の時、ジーニン教授からイタリアの学者ソブレーロを紹介される。ソブレーロの研究をしていた液体こそ、ニトログリセリンであった。●ニトロの実用化に乗り出したノーベルは、1863年二段式に火薬を爆発させる『起爆』の原理を考案●頻発する爆発事故に対処しようと、ニトログリセリンの固形化に着手。1866年、ダイナマイトを発明。一方で戦争にも利用され、「死の商人」と呼ばれる。●その後は平和運動にも参加、死の前年には「ノーベル賞」設立の遺言状を執筆。●1896年、イタリアで死去●1901年、遺言状に基づき第一回ノーベル賞授賞式が行われる●ノーベルの言葉

出演者名・所属機関名および協力機関名

語り部  及川 わたる,ナレーション  山口 奈々,取材先 ダイセル化学工業 播磨工場 技術開発センター 岩井 保範さん