イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2010年

概要

英国は100年以上前にナショナル・トラストを生み出し、以来、21世紀まで湖水地方の自然環境を維持し続けた。一方で身の回りの自然、住民に直結する自然環境については、1980年以降、NPOのグラウンドワークが注目される。グラウンドワークは政府と強い絆を有し、企業・行政とのパートナーシップを武器に、民間的経営で成功、EU全体に影響力を有す巨大なNPOに成長した。番組では、ナショナル・トラスト~グラウンドワークに至る英国の自然環境保護の経緯を紹介、合わせて、日本のグラウンドワークの拠点、静岡県・三島市における源兵衛川の環境回復、生物多様性の復活を描き、富士箱根伊豆国立公園と身近な自然環境回復とのリンク&足元の自然の重要性を訴える。

出演者名・所属機関名および協力機関名

渡辺豊博 博士 (都留文科大学教授)(NPOグラウンドワーク三島),千賀裕太郎 博士 (東京農工大学大学院教授)(東京農工大学/NPO日本グラウンドワーク連合会),小山善彦 バーミンガム大学講師(NPOグラウンドワーク三島),ロビン・ヘンショウ 博士(元/グラウンドワーク/オールダム&ロッジデール所長),ゲイリー・ジャコブ氏(GW グラウンドワーク/テムズバレー 所長),リチャード・ポーランド氏(GW グラウンドワーク/テムズバレー 自然環境教育担当),グラハム・ダクスリー氏(GW UK/英国グラウンドワ