加速器の世界

(4)分子を読み解く~分子イメージング

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:2007年

概要

第四回は、「分子イメージング」を紹介します。「分子イメージング」とは私たちの体を作っている分子を生きたまま観察することです。そのためには加速器を使って特殊な薬を作り、体の中にいれ、その薬の動きをペットカメラで撮影します。この薬の動きでがんの場所や大きさが分かるのです。千葉県にある放射線医学研究所は3台の加速器を使い様々な用途の放射性薬剤と使った最先端の分子イメージングの研究を行っています。今注目を浴びる分子イメージングの現況を紹介します。

出演者名・所属機関名および協力機関名

加藤優子(ナレーター)(81プロデュース),菅野 巌(放射線医学総合研究所分子イメージングセンター長),鈴木 和年(放射線医学総合研究所分子イメージングセンター 分子認識研究グループ),81プロデュース