THE MAKING

(43)レトルト食品ができるまで

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:1999年

概要

シリーズ「ザ・メイキング」。身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、レトルト食品(カレー)。すっかりおなじみになったレトルト食品が日本で誕生したのは、昭和40年頃。三重構造のアルミの袋は、光や酸素を一切通さない。新鮮なじゃがいも・にんじんなどの皮をむき、ダイスカッターでさいの目状にカットする。ゆであがりに紫外線を当て、殺菌をする。カレールーは、カレー粉の他に30種類以上の調味料を混ぜ煮込む。野菜と肉は別々にカレールーと共に煮込む。これは袋に充填する際、肉の量、野菜の量を正確かつ均等にするため。アルミの袋を密閉し、高圧釜で120℃約30分熱することで中味は完全に殺菌される。これで防腐剤・保存料を一切使わに2年間保存できる。

出演者名・所属機関名および協力機関名

【予告編】科学の遺産と未来
(7)自然との共生