THE MAKING

(36)自転車ができるまで

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:1999年

概要

シリーズ「ザ・メイキング」。身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、自転車。製造工程は、大きく分けて「フレーム」「ハンドル」「タイヤ」「組立」の4つ。フレームは鉄のパイプを溶接して形成する。溶接には、主に真鍮合金を溶かして接合する「ロー溶接」と鉄自体を溶かして接合する「CO2溶接」とがある。塗装は、静電塗装という方法で、塗料に5000ボルトの電圧をかけ、静電気の性質を利用して均等に施している。ハンドルの中心部は、調整具を取り付けるために膨らんでいる。これをバルジ加工と呼び、パイプの中にウレタンを入れ圧力をかけて膨らませる事によって、加工する。タイヤの36本のスポークは、完全な円形に保つための重要な役割をしている。1本1本のスポークを張ったり、緩めたりすることで微妙なバランスを保っている。

出演者名・所属機関名および協力機関名