遥かなる縄文の記憶~科学の目で見た縄文~

遥かなる縄文の記憶~科学の目で見た縄文~

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2010年

概要

技術も文明も何も持たない原始的な社会と考えられていた縄文時代。しかし青森県の三内丸山遺跡の発見からその常識は覆されます。驚くほどの高度な建築技術、クリなどの植物栽培、環境に適応した生活。なぜこうした事柄が解明されたのでしょう?考古学というと発掘現場のイメージを持ちますが、実はその後の科学技術が未解明の事柄を解き明かします。この番組では今まであまり知られていない科学の目で見た縄文の世界を紹介します。

出演者名・所属機関名および協力機関名

岡田康博(青森県教育庁 文化財保護課),石川隆二(弘前大学 農学生命科学部),小林利道(大林組 プロジェクト設計部),馬場悠男(国立科学博物館 人類学研究部),米田穣(東京大学大学院 新領域創成科学研究科),金原正明(奈良教育大学 古代文化財科学専修),辻誠一郎(東京大学大学院 新領域創成科学研究科),青森県教育庁 文化財保護課