Fragile(フラジャイル) 環境を見つめる眼差し

(5)金属から考える循環型社会~伝統製鉄技術&金の都市鉱山

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2008年

概要

「Fragileシリーズ」の第5作目。地球温暖化対策の進展に際し、炭素放出の多さから批判の眼が向けられる事の多い金属産業。金属は社会・産業・生活に不可欠の存在でありながら、採鉱・製錬の過程で宿命的に多くのエネルギーを必要とする。しかし、批判の眼を向けている我々は、金属の何を知っているのだろうか?無意識的に利用しているだけでは今後の循環型社会は形成できない。番組では金属に対する基礎的な科学知識を提供するために、①鉄においては地域の伝統=「古式タタラ製鉄」、②金に関しては電子機器のリサイクルで貴金属を回収=「都市鉱山」を取材、金属のサイエンスを解り易く紹介すると共に、循環型社会への道を模索する。

出演者名・所属機関名および協力機関名

柴山 敦 博士(秋田大学工学資源学部環境物質工学科・教授),河野英一 博士(日本大学生物資源科学部生物環境工学科・教授),関川忠彦 相談役(エコシステムリサイクリング㈱東日本工場),菅原 平 (刀匠)(大東町無形文化財指定・鉄山士),遠藤 正浩 (刀匠助手)(菅原 平(刀匠)の助手),勝部欣一 ホッパの会事務局長(ホッパの会・砂鉄川たたら製鉄学習館),秋田大学工学資源学部環境物質工学科・教授