ドキュメント!人工臓器

(11)人工赤血球

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2004年

概要

 近年、慢性的な血液不足に悩む献血・輸血事業。早稲田大学・理工学総合研究センターの土田英俊さんは赤血球と同じく酸素を体内で運搬する、人工赤血球(人工酸素運搬体)の研究・開発に20年以上を費やしてきた。ヘモグロビン小胞体とアルブミンーヘムという2種類の人工赤血球を作り上げ、慶應大学・医学部の小林紘一さんと研究を進めおり、救急や血液不足に悩む地域での利用が期待されている。実用段階にこぎ着けた人工赤血球を紹介する。

出演者名・所属機関名および協力機関名

土田英俊(早稲田大学 理工学総合研究センター 名誉教授),早稲田大学 理工学総合研究センター 名誉教授