ドキュメント!人工臓器

(6)心臓ペースメーカー

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2004年

概要

 心臓ペースメーカーは現在最も完成された人工臓器と言われている。使用している患者数は約3万5千人。その性能の向上が進む一方で、すでにペースメーカーを体内に埋め込んだ患者のケアが非常に重要である。愛知医科大学・循環器内科の水谷登さんは、自分の患者の職場環境を調査したり、またリニアモーターカーなどの新しい技術がペースメーカーに及ぼす影響なども調査している。またペースメーカーによる心臓病の治療など新しい使用方法も検討している。水谷さんの活動を紹介する。

出演者名・所属機関名および協力機関名

水谷登(愛知医科大学 循環器内科 助教授 ),愛知医科大学 循環器内科 助教授