微生物はすごい!

(10)環境を守る微生物

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2009年

概要

汚れた水や下水をきれいな水によみがえらせるために微生物が大活躍しているのをご存じだろうか。例えば下水処理場では、反応槽という池の中に活性汚泥と呼ばれる微生物の入った泥があって、その中で多くの微生物が有機性の汚濁を分解しているのだ。その数は細菌が1ミリリットルの中に数千万匹から数億匹、原生動物や小さな後生動物は5000から2万匹くらいいるといわれている。おのおの微生物によって、食べる有機物が違うが、大きな食べ物カスや細菌、原生動物などは後生動物が食べて、下水に溶け込んでいる食べ物の汁や大腸菌などは細菌が食べる。こうして種類や量によって、いろいろな微生物が分解し、うまく水をきれいにしてくれているのだ。

出演者名・所属機関名および協力機関名

ナレータ― 北沢 力(俳協 ),俳協