微生物はすごい!

(9)薬をつくる微生物

番組一覧へ戻る

再生時間:5分

制作年度:2009年

概要

今回は、微生物から薬をつくるというお話。パンを放置しておくと青かびが生えてくるのは皆さんもご存じのこと。この青かび、ペニシリウムと呼ばれているが、とても薬をつくる上で役にたっている微生物なのだ。ペニシリウムの周辺にはバクテリアの細胞壁を壊す物質が分泌されていて、バクテリアを殺してしまう能力があるのだ。このペニシリウムの能力は偶然発見されたものだが、ここからペニシリンという抗生物質がつくられた。また地中にたくさんいて、落ち葉などの有機物を分解している放線菌という微生物は、抗生物質の生産者として一番多く使われている。

出演者名・所属機関名および協力機関名

ナレータ― 北沢 力(俳協 ),俳協