驚異の小空間「細胞」 ~大きく発展をとげた生命科学の10年~

驚異の小空間「細胞」 ~大きく発展をとげた生命科学の10年~

番組一覧へ戻る

再生時間:29分

制作年度:2008年

概要

ヒトゲノム解読終了、タンパク質の立体構造解析、RNAの新機能の発見、ヒトiPS細胞の作製に成功・・・ここ10年で生命科学は大きく発展を遂げました。そして生命科学の進歩は、医療技術に革命をもたらそうとしています。この番組では、「ゲノム解読終了 ~ポストゲノムの生命科学」、「タンパク質の世界」、「RNAの新世界」、「再生医療の実現に向けて」の4つの視点から10年間の生命科学の進歩を振り返ります。また、生命科学の進歩がどのように医療に応用されていくのか、研究の最先端を紹介します。

出演者名・所属機関名および協力機関名

大川慶子(ナレーション)(シグマセブン),内田大加宏(ナレーション)(シグマセブン),清水信義(慶應義塾大学先導研・GSP研究センター),莚田泰誠(理化学研究所ゲノム医科学研究センター),吉田輝彦(国立がんセンター がん遺伝子相談),牛島俊和(国立がんセンター研究所 発がん研究部),横山茂之(理化学研究所タンパク質構造・機能解析グループ),真鍋一郎(東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター),塩見春彦(慶應義塾大学医学部分子生物学教室),浅島誠(東京大学総合文化研究科),山中伸弥(京都大学iPS細胞