海からのおいしい贈り物

(39)栽培漁業の筆頭格・サザエ -神奈川県・三浦半島-

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:2007年

概要

アワビと並ぶ高級巻き貝、サザエ。時に40%とにもなる「再捕獲率」・・・日本が誇る栽培漁業の成功例が、サザエの人工種苗生産と放流活動である。神奈川県水産技術センターでは親貝から得た人工種苗を約1年育て、県内各地の漁業協同組合に配布して放流する。番組は人工受精技術を出発点に、受精卵から卵割を経て浮遊幼生となり、稚貝としてモノに付着する過程を顕微鏡撮影で追う。そして、その後の稚貝の育成システム~放流~刺し網による最捕獲(漁獲)を水中撮影で紹介する。栽培漁業は生命科学的側面と、追跡調査を含む資源動態研究の2つが揃って両輪となる。漁獲されたサザエの殻の頂点を調べる(人工種苗の痕跡)調査も交えながら、栽培漁業の成功の秘密に迫る。

出演者名・所属機関名および協力機関名

神奈川県水産技術センター 沼田 武 専門研究員(栽培技術部)(神奈川県水産技術センター(栽培技術部)),神奈川県水産技術センター 照井方舟 主任研究員(栽培技術部)(神奈川県水産技術センター(栽培技術部)),一柳秀一 組合長(小坪漁業協同組合),神奈川県水産技術センター(栽培技術部)