海からのおいしい贈り物

(24)氷河期の記憶を宿す魚・北海道のサクラマス

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:2005年

概要

サクラマスは2年間を河川で過し、1年間を海洋生活するサケ科魚類です。その生態は興味深く、海に下り大型化して母川に回帰する個体をサクラマスと呼び(降海型)、一生を河川で過す個体(陸封型)をヤマメと呼びます。サクラマスはサケ科魚類の中では原始的な形質を保存し、川に閉じ込められても、海に出られても、どちらでも繁殖できる形質でした。番組は海と川の両面から水中撮影を駆使してサクラマスの生態に迫ります。

出演者名・所属機関名および協力機関名

河村 博 さけます資源部部長(北海道立水産孵化場・さけます資源部),伊澤敏穂 道南支場 支場長(北海道立水産孵化場・道南支場),北海道立水産孵化場・さけます資源部