生きもの だれが どこに?

(7)イセエビと10本足の仲間たち

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:2000年

概要

【1】イセエビの自己紹介  ◇頭胸部の左右に5本ずつ、歩くための足が10本あるのがエビの仲間の印  ◇エビの種類はとても多くて全部紹介することはできないが、仲間の一部を紹介すると・・・   ①コシマガリモエビ ②エビジャコ ③テナガエビ ④ザリガニ ⑤アカザエビ ⑦セミエビ ⑧イソスジエビ  ◇ヤドカリもエビと同じ、頭胸部に10本の足がある【2】弱い者の保身術・生物同士の助け合い=共生  ◇エビは弱い生き物・・・でも弱いなりに身を守る術を身につけている・・・クルマエビの砂もぐり  ◇弱肉強食の生きものの世界にも、違った種類の生物が助け合って生きる例も多い   ①テッポウエビとダテハゼ ②ウツボとクラウンシュリンプ ③ガンガゼとエビ ④ヤドカリとイソギンチャク【3】甲殻類・十脚目  ◇甲殻類の中でエビとカニの仲間は10本足を持つ同じ仲間として十脚目と呼ばれている   カニの仲間には・・・①タカアシガニ ②オオホモラ ③トラフカラツバ ④ジャノメガザミ など【4】エンディング  ◇3000種類もいるといわれているエビの仲間には、イセエビのような歩行型もいれば、小さなイソスジエビのような遊泳型もいる浅い海の砂底、岩礁の間、サンゴ礁の海に棲むものから5000m以上の深海底に棲むものまで、その棲みかも広く深い範囲にわたっている・・・

出演者名・所属機関名および協力機関名