ミクロの小宇宙~Microcosmic Explorers~

(23)サンゴを見てみよう

番組一覧へ戻る

再生時間:14分

制作年度:2002年

概要

サンゴって、家で育てられるのかしら。こんな疑問からお店を訪ねて見ます。そこにはいろいろなサンゴが見られます。サンゴは岩や花、木いろんな物に見えるけれど、本当はイソギンチャクなどの仲間で、刺胞動物の一種なのです。サンゴを飼育する基本はまず、温度管理、25度以下くらいに保つこと、明かりはちょっと強めにするといいのです。動物であるサンゴはどんなふうに生きているのか見てみます。オオバナサンゴを良く見ると、かかった砂を振り落とす様子が見られました。オキアミなどの餌をやってみると、触手を伸ばすのが分かります。けっこう動いているんですよ。フワフワのサンゴであるミズタマサンゴ、この柔らかな体の中心に硬い骨格があるのにも驚きます。タバネサンゴでは、どうやって食事をするかがよく分かります。その口の作りが面白い。そしてサンゴの周りには、いろいろな生きものが生活しているのです。たとえばケヤリムシなど。そうそう、サンゴといえば、共生している「褐虫藻」という小さな生きものを忘れてはいけません。褐虫藻は光合成を行って、酸素や栄養分をサンゴに与える代わりに、サンゴに身を守ってもらうという関係にあります。サンゴって面白い生物なんだな。

出演者名・所属機関名および協力機関名

小林 淳(シェルフィッシュ),田口 萌(ナレーター)(綺麗星),シェルフィッシュ